全労済協会を知る

全労済協会の目的〔使命〕

  • 全労済協会は、社会保障問題、雇用問題、少子・高齢社会対策など勤労者の生活・福祉に関するテーマについて、シンポジウムやセミナーの開催、各種調査研究の実施等を中心とした「シンクタンク事業」に取り組むとともに、勤労者相互の連帯と相互扶助による「相互扶助事業」を実施し、
    2つの事業を両輪として、勤労者福祉の向上をめざした事業活動を総合的に展開することで、豊かな福祉社会づくりに貢献していきます。

全労済協会の概要

設立
1982 年11 月20 日[名称変更 2004 年6 月1 日]
2013 年6 月3 日 一般財団法人へ移行
目的
この法人は、勤労者の生活及び福祉に関する総合的な調査や研究を通じて、
勤労者の生活環境の向上を促進するとともに、あわせて勤労者の助け合いとしての
相互扶助思想の啓発と労働者共済運動・事業の普及を図り、もって勤労者福祉の向上と発展に
寄与することを目的とする。

沿革

全労済協会のはじまりから今日までの軌跡をご紹介します。

組織概要

全労済協会の組織概要をご紹介します。

所在地・連絡先

全労済協会の所在地・連絡先をお知らせします。

FACTBOOK

近年の全労済協会「経営状況資料」を冊子にまとめています。

30周年記念誌

  • PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Reader が必要です。
    Adobe Reader は無料で配布されておりますので、最新版をダウンロードしてご利用ください。