暮らしの役立ち情報

年金制度編「遺族年金」

公的年金制度の給付には「老齢年金」、「障害年金」、「遺族年金」の3つがあります。
今回は遺族年金の基礎知識についてご紹介します。
家族の支えである父母が急に亡くなられた場合、生活に困ってしまいます。そのようなときに、亡くなった方の配偶者や子、孫、祖父母などに支給されるのが「遺族年金」です。
公的年金と一言でいっても、高齢者になってからもらうものだけではなく、障害年金や遺族年金のように、万が一のときにも私たちの支えになってくれる制度があることを覚えておきましょう。
年金に対する知識の差や誤解から年金の未納者が増加していますが、今一度、将来の自分だけでなく、現在の自分と家族にも関わりがある公的年金について考えてみませんか。

ページトップへ戻る