壁を壊すケア「気にかけあう街」をつくる

『壁を壊すケア「気にかけあう街」をつくる』をテーマとするシンポジウムをオンライン配信。 第1部、第2部ともにこのページで現在公開中!

視聴期間:

第1部

1.主催者代表あいさつ
 全労済協会 理事長 神津里季生

2.トークセッション Better Life 研究会主査からのメッセージ
 井手英策氏(慶應義塾大学経済学部教授)
 渡辺真理氏(アナウンサー)

第2部

パネルディスカッション
コーディネーター
 井手英策氏
パネリスト
 石井正宏氏(NPO法人パノラマ理事長)
 馬場拓也氏(社会福祉法人愛川舜寿会常務理事)
 名里晴美氏(社会福祉法人訪問の家理事長)
『壁を壊すケア「気にかけあう街」をつくる』をテーマとするオンラインシンポジウム会場の様子

若者、子育て、高齢者、障がい者に関わる社会課題に向き合うとき、必ず「壁」が立ちはだかります。“心の壁”、“専門家の壁”など、その「壁」を壊し、問題解決に挑む実践家が日々奮闘しています。

当協会では、「Better Life 研究会」を設置し、その壁をどうしたら壊せるか、実践家の方々と対話を重ねてきました。

本シンポジウムでは、研究会の議論を踏まえ、ケア(気にかける)の考え方にもとづく地域づくりのあり方について議論します。第1部では、渡辺真理氏の介護の実体験を交えながら、地域の「壁」を壊すことの必要性を説きます。第2部では、実践家(「Better Life研究会」委員)を交えて、「気にかけあう街づくり」についてディスカッションします。

アンケート、成果書籍プレゼント、登壇者のご紹介

アンケートにご協力ください。抽選で30名様に成果書籍をプレゼントいたします。

この度は、オンラインシンポジウムをご覧いただき、誠にありがとうございました。全労済協会では、ご視聴いただいた皆様にご意見やご感想をお伺いするためのアンケートを実施しております。

ご回答いただきました内容は、今後のより良いシンポジウム開催のご参考とさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。

ご視聴アンケートに2022年2月末までにご回答頂いた方のうち、ご希望の方から抽選30名様に、今回のオンラインシンポジウムの成果書籍、『壁を壊すケア 「気にかけあう街」をつくる』プレゼントいたします。
※なお、当選者の発表は書籍の発送をもって代えさせていただきます。


壁を壊すケア 「気にかけあう街」をつくる
  • 成果書籍:『壁を壊すケア 「気にかけあう街」をつくる』
  • 編者:井手英策
  • サイズ:四六判・284頁
  • 定価:本体1,900円+消費税
  • 発刊:2021年10月
  • 出版社:岩波書店
  • 岩波書店の紹介ページはこちらから

共催・後援団体

共催団体:
こくみん共済coop、日本再共済連


後援団体:
日本労働組合総連合会、教育文化協会、労働者福祉中央協議会、 全国労働金庫協会、日本共済協会、日本生活協同組合連合会、 全国中小企業勤労者福祉サービスセンター、日本退職者連合

出演者プロフィール

【第1部:トークセッション Better Life 研究会主査からのメッセージ】

井手 英策

井手 英策(いで えいさく)氏

慶應義塾大学経済学部教授、Better Life 研究会主査

1972年福岡県生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位取得退学。日本銀行金融研究所、東北学院大学、横浜国立大学を経て、現職。専門は財政社会学。著書に『幸福の増税論 財政はだれのために』(岩波新書)ほか多数。


渡辺 真理

渡辺 真理(わたなべ まり)氏

アナウンサー

1967年神奈川県生まれ。1990年TBSにアナウンサーとして入社。1998年フリーに。現在は「知られざるガリバー」(テレビ東京)出演。ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」ではお菓子のコラム「マリーな部屋」を連載中。


【第2部:パネルディスカッション】

石井 正宏

石井 正宏(いしい まさひろ)氏

NPO法人パノラマ理事長、Better Life 研究会委員

1969年東京都生まれ。ひきこもりの若者支援の経験を踏まえ、高校での中退や進路未決を予防的に支援するため「すべての人をフレームイン!」をモットーに2015年「NPO法人パノラマ」を設立。高校で校内居場所カフェや相談を行っている。


馬場 拓也

馬場 拓也(ばば たくや)氏

社会福祉法人愛川舜寿会常務理事、Better Life 研究会委員

1976年神奈川県生まれ。大学卒業後、外資系アパレル企業を経て2010年に上記法人の2代目経営者に転身。特別養護老人ホーム「ミノワホーム」の庭を地域に開放。「カミヤト凸凹保育園+plus」などを展開。


名里 晴美

名里 晴美(なり はるみ)氏

社会福祉法人訪問の家理事長、Better Life 研究会委員

1961年埼玉県生まれ。大学卒業後、障害者地域作業所「朋」に入職。当時、重症心身障害者の通所施設が法律にない時代だった。1986年社会福祉法人となった「訪問の家・朋」の支援スタッフ、2000年同施設長を経て、2010年より現職。